肥満症の種類と痩せる方法の違い

一般的に肥満とは、身長に比べて体重が多い状態のことを意味する言葉です。
一方の肥満症とは、治療を必要とする病気と言うことを意味しています。
そして肥満症に該当する肥満にはふたつのタイプがあるとされています。

ひとつは内臓脂肪型です。
文字通り、内臓の周囲に脂肪が蓄積している状態で、肥満度の判定基準であるBMI値が25以上の男性でウエストが85センチ以上、同じく女性でウエストが90センチ以上の人が、これに該当する可能性が高いと言われています。
ちなみに体重計などに内蔵されている体脂肪計で計測できるのは皮下脂肪の値です。
その値が低いからと言って内臓脂肪が低いとは限りませんから注意が必要です。
原因は食べ過ぎ、運動不足と言った生活習慣です。
そのため、糖尿病や高血圧などの生活習慣病発症のリスクを高める要因ともみなされています。

もうひとつは皮下脂肪型です。
こちらは、BMI値25以上で、ウエストが男性で85センチ未満、女性で90センチ未満の人が該当すると言われています。
皮下脂肪は内臓脂肪と比較すると、体につきにくいものの落としにくいと言う性質を持っています。
これは皮下脂肪が生命維持の一端を担っているためでもあります。
しかしやはり脂肪であることに変わりはないため、つき過ぎると足腰に負担がかかると言う問題が発生することもあります。

同じ肥満症でも、痩せたいと言う思いを叶えるためには、内臓脂肪型と皮下脂肪型ではその方法が異なります。
内臓脂肪型の人が痩せたいと言う場合は、食事制限と継続的な運動でそれを叶えることが可能です。
そして皮下脂肪型の人の痩せたいと言う思いを叶えるためには、食事療法や運動は勿論のことですが、代謝を上げるために体温を上げる工夫をする、また体に筋肉をつけることを意識する必要があります。
マッサージをする、運動で勿論のこと、筋トレも意識して行う、冷たい温度の飲食は避けることなどが有効です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧